デザインの加工方法とご注意

デザインの加工方法について

シリコンバンドの加工方法は4種類あり、
一般的な加工方法としてはフラットプリント・凹加工の2種類です。
商品により”PVC凸加工”や”フルカラー印刷”などの特殊な方法で制作を行います。

フラットプリントとは?

シルクスクリーンという手法で印刷をいたします。
市販のプリンターとほぼ同じ細かさで印刷ができます。

オススメは幅12mm/15mmの細めのものが見栄えが良いです。

メリット ・細かい印刷が得意です。
デメリット ・多色プリントが苦手です(色がズレます)
・本体色が印刷色に影響することがあります

多色プリントについて

フラットプリントは多色表現の際に1色ずつに分けて印刷を行います。
数回印刷を行うと位置がわずかに変わるため“色の位置ズレ”が発生致します。ひとつひとつ手作業で印刷を行いますので、ひとつひとつズレも違うものになります。小さいノベルティですのでそこまで気にならないものですが、2色以上が重なり合うデザインやキャラクターなどの場合には注意が必要です。

色ズレは製作の都合上、少なくとも発生します。規定上では”4色プリント”までを品質の許容範囲として承っております。ご不安な場合にはデザインを事前にご入稿いただけましたら確認をいたします。

簡単にインクが取れたりしませんか?

経年の劣化によってインクが微量に削れていき、印刷が剥がれてしまうことがあります。
シリコン製品ですので、ご利用頻度や保管方法などによっても劣化する場合がございます。
これは凹型のシリコンバンドでも同様でありフラットプリントだけの現象ではございません。

ぬぐう・こする等で簡単に加工が剥がれてしまうといったことはありませんのでご安心ください。

凹加工とは?

シリコンバンド本体を凹ませた状態で生産し、凹んだ箇所へ色入れを行う表現方法です。
デザインの箇所に段差ができるため細い幅、太い幅のどちらでも見栄え良く製作可能です。

メリット ・太めのデザインが得意です。
・フラットプリントのような色ズレは発生しません。
デメリット ・細かいデザインが苦手です。
・多色プリント時には色の隣接が表現できません。

色入れについて

凹加工では、凹ませて生産した本体へインクを流し入れて製作します。
1つの箇所へ2色以上を配色することができません(色の隣接は表現できません)。2色以上を表現する場合には、色と色との間に“フチをつける”必要があります。フラットプリントの多色プリントとは違い、本体を形成する際に凹ませるため印刷の位置がズレることはありません。

・インク入れ無し:可能
・インク入れ無しとありの併用
可能ではありますがデザイン確定の前に仮入稿(事前確認)が必要です。

どれくらい細いデザインなら出力できますか?

デザインの細さの最小サイズの目安は「0.25mm以上の太さ」です。

凹む箇所、凹まない箇所がどちらも0.25mm以上になるようにデザインの製作をお願いいたします。
細かい要素が集合していたり、密集している箇所はこのサイズ以上でも潰れてしまうことがありますので凹み加工ではできるだけ細かいデザインを避けてください。ノイズデザイン(カスレやしぶき)のデザインでは、ある程度同じ状態では出力ができますが、デザインと全く同じ状態にはなりませんのでご了承下さい。
また、先が細くなっているデザイン(フォント等)は先端が丸みを帯びる場合がございます。

このサイズはあくまでも目安のサイズであり、商品が完成した際に0.25mmが0.25mmのまま出力されるわけではございません。機械の仕様により、0.25mm程度が出力するかどうかを判定するギリギリの大きさになります。

PVC凸加工とは?

ボタン留めシリコンバンド、ボタン留めシェイプバンドのみでご利用いただける加工方法です。
インクを印刷や流し込む方法ではなくPVCシリコン(塩ビ)を接着させて作る凸型加工です。

メリット ・太めのデザインが得意です。
デメリット ・細かいデザインが苦手です。
・多色プリント時には色の隣接が表現できません。
・色同士の間隔が0.8mm以上必要です。

フルカラー印刷とは?

フルカラーシリコンバンドのみでご利用いただける加工方法です。
シリコンシートへ転写印刷を行いシリコンバンドへ接合して表現します。

メリット ・データをそのまま印刷いたします
・グラデーションも表現できます
デメリット ・原稿よりも色が褪せる(薄く/淡く)なります。
・シリコンシートがゆがむことがあります。